nijichiralogo.jpg
t
にじいろちらしずし第1.5弾
第一部 映画『ジェンダー・マリアージュ』上映
第二部 座談会「日本の学校におけるLGBT問題」
8月11日(木)祝日!
午前の部 9時30分オープン、10時スタート
午後の部 13時30分オープン、14時スタート
場所 ウィルあいち 視聴覚ルーム
access-map.gif
参加費(会場費、資料費) 一般1,500円、学生1,000円
お申込み・お問い合わせ
rchirashi★merushika.com
(★を@に改めてください。)
t

2015年04月03日

性の多様性とその認知

スミスPです。

まとめてみました。

3月9日 テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」が男性に化粧させるセミナーを「同性愛者の気持ちを知るため」と紹介。更に「渋谷区が来年度から、結婚相当の関係にある同性カップルに証明書を発行しようと動き出したのを機に、性的マイノリティー市場に注目が集まっています」とも。



 以下、この放送とツイートに対する反応です。









翌日 テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」が「昨夜の「LGBT」特集の投稿文について、補足させていただきます。〜」「〜誤解を与える表現となってしまった事をお詫びいたします。」とツイート。




 この「お詫び」ツイートへの反応です。







 LGBTが巨大市場と目されていなかったら、この方、どう反応したんでしょうね?

 この放送への直接の反応ではないものと思われますが、内容が非常に関連するツイートもありました。





 現実には、TでありかつLまたはGまたはBでもあるという方もいらっしゃるようなので、事は簡単ではありません。でも、概念としては区別しておかないと、存在そのものも誤認してしまいますね。

 最近では、LGBTにQまたはXを加えようという意見もあります。



 切実ですね。



 多様ですね(笑)

 話はちょっと変わりますが、



 マイノリティの置かれた社会的文脈にも変化があり、マイノリティの意識もそれに伴って変容していく部分があるのですね。そういうことを系統的に辿っていくことも有効なのかもしれません。


posted by TACO at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

ホモフォビアの皆さんが同性婚に騒がしい件

スミスPです。

 昨日投稿した「日本国憲法と同性婚」で、EMA日本の見解へのリンクを張った後に「この記事に付けられた最初のコメントは典型的ホモフォビアです」と書きました。

 これに関する記事を書いて、このブログに載せようかとも思ったのですが、いろいろな意味で刺激が強い内容ですので、こちらのブログが荒れないよう、TACOブログに載せました。



 ご参考までに、ホモフォビア言説に対抗する内容のツイートやWEB記事を以下に列挙しておきます。











posted by TACO at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

4月馬鹿 ウソつくついでにジェンダーもちょっと考える

スミスPです。

 今日はエープリルフールです。

 一年に一度、決まってやってくるウソをつく日。誰もがウソをついています。これはもう国民の第四の義務のようなものです。不文律です。

 私は極端に同調圧力に弱い人間なので、エープリルフールには何か一つはウソをつかねばと、つい必死になってしまいます。

 最近の私は、「あったかい」って言った瞬間、「んだからぁ〜」と熱唱しようとしてしまうし、「ちょっと待って」って言った瞬間、「オニィーサン!」と素っ頓狂な声で続けようとしてしまうのです。決してそうしたいのではありません。そうしないといけないような気がするのです。

 流行という短期的同調圧力にもそのくらい弱い人間なので、一年に一度決まってやってくる慣習にはむざむざと従ってしまうのです。これはもう制度的強迫です。

 去年のエープリルフールには「今日一日絶対にウソはつきません」というツイートをしてお茶を濁したのですが、毎年その手では能が無いので、今年はかなり前からネタをしこんでおきました。







 3連投しました。我ながらクドいことをしてしまいました。

 しかし、私などはウソだとはっきりわかるのですから、人畜無害なものです。



 うっかり本気にしそうになっちゃったじゃないですかぁ!(笑)

 ほかにも、こんなごきげんなおバカさんたちが・・・・







 中でも傑作なのがこれ。



 ぜひ「→ ←」のリンクをクリックしてみてください。性差における身体性と社会性の交錯を巧みに茶化す、手の込んだウソなのです。作者は以下のように解説しています。



 ちなみに、私は自分の胸が小さいと悩んだことはありません。何を隠そう、Bカップはあるからです。

 えーっと、まだギリギリ4月1日ですよね?

 ウソをついてもいいのは午前中だけっていう話も小耳に挟みましたが、それこそウソでしょう、たぶん。


posted by TACO at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする