nijichiralogo.jpg
t
にじいろちらしずし第1.5弾
第一部 映画『ジェンダー・マリアージュ』上映
第二部 座談会「日本の学校におけるLGBT問題」
8月11日(木)祝日!
午前の部 9時30分オープン、10時スタート
午後の部 13時30分オープン、14時スタート
場所 ウィルあいち 視聴覚ルーム
access-map.gif
参加費(会場費、資料費) 一般1,500円、学生1,000円
お申込み・お問い合わせ
rchirashi★merushika.com
(★を@に改めてください。)
t

2013年06月15日

プチ更新しました。

 スミスpです。

 このブログの「目に見えない何かをつくる」by きは に写真を2枚貼りました。
posted by TACO at 00:00| Comment(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

「既成概念をブッ壊す」ということ その4

 スミスpです。

 5月14日に劇の方向性をめぐるディスカッションをしました。その時の私の発言から、「既成概念をブッ壊す」というテーマ設定に関するものを抜き出して、補足も加えつつこのブログに短期連載しています。今回はその第4弾です。

第1弾はこちら
第2弾はこちら
第3弾はこちら

*       *       *


  私たちは他人の既成概念をブッ壊そうとするより、自分の中の既成概念と格闘するべきです。

 既成概念に縛られない人なんて存在しません。「自分はそんなものに縛られていない」と思う人は、自分の中の既成概念に無自覚なだけです。そして、他人が既成概念に縛られていることを指摘するのは比較的容易だけど、自分が既成概念に縛られていることを自覚するのは非常に難しいのです。

 想像してみましょう。もしも私たちの上演が観客の目に“自分の中の既成概念を疑わない者が他人の既成概念をブッ壊そうとしている”というように見えるとしたら? あるいは、“「既成概念をブッ壊す」と言いながら、自分に都合の悪いもの・自分にとって愉快でないものだけ否定して、都合の良い既成概念・愉快な既成概念には依存している”というように見えるとしたら? この上演は観客に前向きな影響をもたらすでしょうか?

 「世の中」は私たちの外部にだけ存在するのではありません。私たちの内部にも「世の中」は存在しているのです。既成概念に縛られているということは、「世の中」が内在化していることにほかならないのですから。私たちは私たちの中の既成概念、私たちの中の「世の中」を語れば良いのです。

 想像してみましょう。もしも私たちが自分の中の既成概念をえぐり出し、それと格闘する姿を舞台上に現出することができたなら? あるいは、いっそ上演自体が私たちの中の既成概念との格闘そのものとなり得たなら? この上演に共鳴して「自分も自分の中の既成概念と闘おう」と思う人がきっと現れることでしょう。

 そうやって、私たちも観客も一人一人が自分の中の既成概念の存在に思い至り、それと自分で格闘するようになることにこそ意義はあります。そのためには“あなたがたの既成概念”“世の中の既成概念”ではなく、“私たちの既成概念”をこそ主題化しましょう。

posted by TACO at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学外でのお稽古場所確保のこと

夏休みに大学が閉鎖になったらどこで練習するかが問題です。
そこでスミス先生の提案のいくつかの場所を候補順にあたることになりました。
若者メインの団体しか使えない施設を第1候補としたのでコアルックの代表のもこちゃんに申込みにいってもらいました。ぽめちゃんととーわちゃんも同行してくれて無事団体登録を済ませたと先ほど連絡をもらいました。いろいろ大変だったみたいで、スミス先生も小話を作ってメールではげましていらっしゃったようです。もこちゃんやっぱり一人でいかなくて正解でしたね。お疲れ様でした。(あしか)
posted by にじいろちらしずし at 22:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。